真空成形とは

熱可塑性樹脂のシートを成形機の加熱ゾーンで加熱軟化させます。
シートを金型に密着させ、残った空気を真空ポンプで急速に引きます。
金型表面の形を再現させるプラスチックの成形法です。

真空成形の工程図

真空成形の工程図
 
ロール巻シート ⇒ 材料クランプ ⇒ シート加熱(150~250℃) ⇒ シート軟化金型上昇(軟化シートの押し上げ) ⇒ 真空吸引(金型に密着) ⇒ 空気冷却 ⇒ 成形品硬化 ⇒ 金型下降/エアー吹き込み(金型離型) ⇒ カッティング ⇒ 排出

プラスチックの種類

真空成形加工できる主なプラスチックシートのご紹介です。
 
・PET(ペット樹脂、ポリエチレンテレフタレート樹脂)
・A-PET(ペット樹脂: 透明性はガラス並みです)
・PS(ポリスチレン樹脂、透明)
・PP(ポリプロピレン樹脂、透明)
・PE(ポリエチレン樹脂、透明)
・PC(ポリカーボネート樹脂、透明)
 
※色付きもあります。 PC=黒、PS=黒、白、PP=ブラウン、グレー
※植毛付きシートもあります。 用途例は万年筆ケースです。

真空成形のメリット・デメリット

メリット

製品のコスト/早い納期!
 
●金型代金が安い…射出成形の約1/10
●納期が早い…受注後約20日で頭出し可能
●大型成形が可能
 
越谷化成では超小型部品の成形品もご提供しています。

デメリット

製品の肉厚に制約がある
製品の肉厚の調整が難しい
製品の高さに制約がある

金型について

金型は、成形後のプラスチックの収縮率を考慮して製作します。
 
・PET=4/1000
・PP  =15/1000
・PS  =3/1000~8/1000
・PE  =25/1000~35/1000
越谷化成株式会社
〒344-0063
埼玉県春日部市緑町5丁目3-1
TEL.048-733-2301
FAX.048-733-2306
1.真空成型品の製造販売
2.圧空、ブロー真空成型品の製造販売
3.ブリスターパック加工販売
4.折曲げ加工による、スライドブリスター販売
5.ウエルダー加工品の加工販売
ISO9001:2008
第48期品質目標
Ⅰ.業務改善によるコスト低減
Ⅱ.新規顧客開拓による売上増
ISO14001:2004
第48期 環境目的
Ⅰ.CO2排出量の削減
Ⅱ.環境法規制及び
顧客要求事項の順守